‎ニュース

【プレスリリース】再配達率43%削減に成功、置き配バッグOKIPPA実証実験

アプリ連動型置き配バッグのOKIPPAが、東京23区100世帯での約1ヶ月の実証実験を終え、最終的に参加者の再配達率は約60%から15%へと大幅な削減に成功したと発表。OKIPPA製品版は9月中旬に全国のユーザーに順次納品予定。

物流系ITベンチャーYper(イーパー)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山 智晴)は、2018年7月7日〜8月11日の1ヶ月間、東京23区の100世帯を対象にアプリ連動型置き配バッグOKIPPA(オキッパ)の実証実験を実施。最終的に参加者の再配達率を約43%削減することに成功し、OKIPPAの有効性を確認できた結果となった。製品版は9月中旬より順次納品が開始される予定。

■実証実験概要
2018年7月7日〜8月11日の1ヶ月間、Twitterで公募した100世帯にOKIPPAを配布し、運用面での最終調整を実施。参加者の男女比率は男性44%、女性56%と女性が若干多く、年代は30〜40代が中心で、住居形態としては6割以上が集合住宅であった。実証実験期間中、アンケートは1週間ごとに実施。

■再配達率の変化
参加者の約6割が週1以上ECサイトで買い物をするヘビーユーザー(※1)であり、OKIPPA利用前の宅配ボックスがない環境下では再配達率は59.2%と、今年6月に国交省が発表した最新の都市部での再配達率16.4%(※2)と比較しても非常に高い頻度で再配達が発生していたことがわかる。実証実験の結果、OKIPPAを利用することで、再配達率は最終的に15.9%と開始前の約43%減となり、国交省発表の再配達率よりも低い水準まで引き下げることができた。

試験期間中、参加者がOKIPPAで受け取った荷物数合計は337個と、週平均67個の荷物を再配達なく吸収した(試験期間中の平均有効回答数は70)。利用した配送会社の内訳としては、OKIPPAアプリが連携可能なAmazon、楽天が主な購入先となったため(※現在はZOZO、ユニクロもメール連携可能)、ヤマト運輸及びAmazonデリバリープロバイダの利用が多くなっている。

※当実験はECサイト及び配送会社とは関係なく、弊社が独自に行った社会実験になります。

※1:本文では週1以上ECサイトでの購入があるユーザーをヘビーユーザーと定義します。
※2:平成 30 年 4 月期の調査結果を公表(国土交通省 総合政策局物流政策課)

■「荷物待ちストレスのない」EC生活をOKIPPAで実現
実証実験終了後のアンケートによると、参加者の99%がOKIPPAを利用したことにより「荷物の待ち時間が減った」ことを実感している。1時間未満と回答した参加者の多くは、普段コンビニ受け取りを利用している層で、「コンビニへ行くための準備時間やコンビニまでの移動時間」に費やしていた時間がなくなったと回答。
また、9割のユーザーが荷物待ちストレス、再配達を依頼する手間が省けたと回答しており、食事やお風呂の時間を邪魔されなくなったことをメリットとして挙げている。「配送員に申し訳なく思う」という精神的負担の軽減をあげるユーザーも多くみられた。

■今後の予定とOKIPPAの目指すもの
実証実験では、参加者からも「荷物受け取りを意識しなくて済み、時間の使い方が大きく変わった」とコメントを頂くなど、OKIPPAの有用性を改めて感じられた。一方、製品面、運用面の両方で課題も見つかっている。製品面での課題には既に可能な限り対応しており、9月中旬に発送される製品版には反映されている。運用面の課題として、「配送員のOKIPPAの認知」の問題は、引き続き配送各社及び国に働きかけをして行く必要がある。そうした課題が解決することで、短期間でOKIPPA利用者の再配達率はほぼゼロまで削減できると見込んでいる。

現在、オートロックマンション向けのOKIPPAも開発中で近日中に都内にて実証実験を行う予定で、協業先も募集している。また、法人向けオリジナル柄でのOKIPPAも作成可能で、30〜40代のユーザーを多く抱えるECサイトの商品としても生産することが可能だ。

置き配バッグ『OKIPPA』 製品概要
おしゃれなエコバッグを開発している株式会社マーナと共同開発。
品名 : OKIPPA(バッグ・専用ロック・内鍵、専用バンド、取扱説明書他7点セット)
カラー : 全1色(ネイビー)
予定販売価格 : 3,980円+税
材質 : 本体/ポリエステル(撥水加工)、持ち手/ポリエステル
耐荷重 : 13kg
サイズ : バッグ使用時/約70×66cm(容量57L)、折りたたみ時/約13×13cm(厚さ5cm)
先行予約販売サイト:https://store.okippa.life/

OKIPPAアプリダウンロード方法
Amazon、楽天のECサイトアカウントまたはGmail(Amazon、ユニクロ、ZOZOTOWNに対応)をアプリ内で連携するだけで、自動で購入した商品の配送状況をアプリに取込み管理します。配送業者6社(ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、西濃運輸、Amazonデリバリープロバイダー各社、楽天EXPRESS)の配送状況を表示でき、万が一、再配達になった場合にもOKIPPAアプリから再配達依頼が可能です。また、OKIPPAに荷物が配送完了すると、配送完了の通知が受信可能です。※完了通知は遅れが生じる場合があります。
OKIPPAの最新情報はTwitter(https://twitter.com/OKIPPALIFE)でも配信しています。
▼アプリダウンロードはコチラ▼
iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%8D%B7%E7%89%A9%E7%AE%A1%E7%90%86nr/id1334541155?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nr_yper

開発会社概要
Yper株式会社物流分野でシステム開発、アプリ開発を行うITベンチャー。「Creating HYper Service 世の中に最高のサービスを」を企業理念に、ソフトウェア開発を行っています。 2017年8月創業、2018年5月に第三者割当増資により、ニッセイ・キャピタル他より約50百万円のシード調達を実施。現在、開発エンジニア、UIUXデザイナー、WEBマーケティング担当募集中です。
OKIPPA公式サイト: https://www.okippa.life/
会社サイト :  https://www.yper.co.jp

▼法人向けオリジナルOKIPPAのお問い合わせ窓口
Yper株式会社 OKIPPA窓口  Email: info@yper.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)